「現役大学生がハイローオーストラリアで世界一周旅行!」トレれぽ

公開日: : ブログの攻略法レポ

daigaku

【ブログ名】「現役大学生がハイローオーストラリアで世界一周旅行!」

【URL】http://highlow-australia-binaryoption.hatenablog.com/

はてなブックマークで人気の大学生

まとめサイトのような綺麗なまとまったブログ。初心者だけどがんばるぞ風で、ローソク足などの説明も初々しい感じです。

ハイローオーストラリアの攻略をずっと検証しています。過去には移動平均線やボリンジャーバンドなど王道の攻略法でしたが……

バイナリーオプションでは珍しい「MACD」を使っての攻略法

最新記事では、MACDを使ってエントリーポイントを探っているようです。

もしMACDがバイナリーオプションに有効なら、私にとっては「新たな発見」となります。

これまでバイナリーオプション、特に海外の短期間の取引が得意なブログ主さん達は、オシレーター系というと、CCI、ADX、RCI、などを使う人が多かった印象です。

MACDは、株やFXの人はよく使っているのですが、私はBOで使っている人は記憶にないんです。
(MACDはトレンド系ともいわれる)

残念なことにMACDの説明が…

MACDの説明がなんかちょっと変でした。
ここでいちおう、MACDの計算式と簡単な説明を書きますね( *`ω´) ノ□

EMA(n,t)=Y+a(Xt-Y)
MACD=EMA(x,t)-EMA(Y,t)

つまり、MACDは「短期と長期の指数平滑移動平均線(EMA)の離れ具合」で、「それの移動平均」がシグナル。この2つの数値がグラフ上に描かれています。だから、「離れ具合=乖離幅」の状態が一目でわかるのです(^^)/

また、ブログには、MACDはダマシが少ないという記述がありましたが、それは間違いです。
パラメーター設定と相場付きの相性でいくらでもダマシが出ます。
macd

MACD使ってみるか!トレれぽ!

もちろん業者はハイローオーストラリア。
ブログにパラメータの指定が無いみたいなので、デフォルト値で。
(パラメーターとは、移動平均を何日ぶんか、など指定する数値)

ローソク足ほかとMACDを組み合わせて使うとなっていますので、できるだけ忠実にやってみますが、感覚的な表現も多いので、まずこう使っているだろうという最大公約数的な無難な手法で。

幸い、ローソク足と移動平均線とのデッドクロスを使うなど、一般的で馴染みやすい内容でしたので、ごく普通にこれらを組み合わせてのトレードとなりました。

試行回数 20回
時間、通貨ペアは「条件がそろったもの」なら何でも可
条件はシンプルに、他の指標に背反しないときにMACDがゴールデンクロスかデッドクロスでエントリー。
5分足で分析し、15分ハイローでの成績です。

勝ち 11
負け 12
ドロー 0
勝率 45%

やはり一般的な使い方だけでは、難しいようです。最後にダマシが連発して負け越しとなりました。

パラメーターを変えると、シグナルが早すぎたり遅すぎたり。MT4のデフォルト値では遅すぎました。

テクニカルを盛りすぎると、エントリー条件が渋くなり、回数が減るのも難。

でもやっててすごく面白かったです。他のオシレーターとの比較などを研究してみたいと思いました。

管理人のつぶやき

管理人のBO日記: ボーナスは最初に自分から「不要です」とメールしておこう!欲しい人は貰えばいいけど

利用サイトJETOPTION みんなーココも踏んでね!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • ハイローオーストラリア

    バイナリーオプションが流行り出した頃、FX経験者の猛者たちが多く参入したのがここで評判の良いサイト。

    今すぐ口座開設はコチラ

    ジェットオプション

    出金報告が多く、現在利用している人が多いのでハイローオーストラリア同様に安心度が高い。 ハイローよりもSONIC系なのでこちらの方が細かい動きに対応できる。 スマホのデザインも見やすく平均的にGOOD。

    今すぐ口座開設はコチラ

    THE BINARY

    出金の安心度と、30秒取引が魅力の新しいサイト。  今までの悪評である出金面・ボーナス面を改善した新しいサイトなので期待が出来ます。

    口座開設はコチラ!

PAGE TOP▲